水族館

仙台うみの杜水族館が年パスを買ってしまうほどオススメな理由

行ってきました!仙台うみの杜水族館。

photo by Kazuhiko Monden

入ると一番最初に見れるのが、宮城県名物のホヤ。

これって地味だけど、結構レアよね(笑)と思いながら、先に進むと大きな水槽がドーンと現れました。大きさでは数々の有名水族館の規模のものには劣りますが、綺麗です。

子供達も大喜びです!

水槽は100以上あるそうで見ごたえは充分です。

なかでも、私の一番のお気に入りいは、インコ(笑)
水族館なのにね・・・。

水槽の下の方に水が張ってあり、何か魚が泳いでいましたが、上の方に止まり木が吊るしてあり、色とりどりのかわいいインコたちが2羽ずつカップルになってイチャイチャしていました。

思わず「ここはみなとみらいか!!」とツッコミたくなりましたが、本当に可愛らしくて、周りの目も気にせずキャーキャー言ってしまいました。

アクリルパネルのないステージでのイルカショーも必見ですね。ここでは美男美女揃いのトレーナーのみなさんにも注目です!(笑)

ペンギンとふれあえたり、サメやヒトデに素手で触れるコーナーもあります。

大人も子供も楽しめる、とてもジャストサイズな水族館だと思います。

我が家は2回行けば元がとれてしまう年間パスポートを購入しました。

子供達は、もうすでにまた行きたいと騒いでおります。

所在地

宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地

関連リンク

仙台うみの杜水族館

すみだ水族館 : スカイツリー、ソラマチと同じ敷地。ライトアップされたクラゲが幻想的!

すみだ水族館は、東京都墨田区のスカイツリーやソラマチと同じ敷地内にある水族館です。

デートで行くのも良いですし、ファミリーでも使えるおすすめスポットです!
見応えがあります。

訪れたときはちょうど夏休みだったので、子ども連れが目立ちました。

印象に残った見所をいくつかご紹介します!

1番印象にのこったのは、クラゲの展示

薄暗い空間でライトアップされていて、ついつい見入ってしまいます。

普段見ることが出来ない、色鮮やかな魚

1_すみだ水族館

とげとげ

3_すみだ水族館

サンゴ

4_すみだ水族館

ペンギン

5_すみだ水族館_ペンギン
透明な水槽で、スイスイ泳ぐところを見れます。

金魚

5_すみだ水族館_金魚

いろいろな金魚が展示されています。

子ども達に大人気!ちんあなご

にょろにょろ、動く姿に子ども達が、大はしゃぎ!
泳ぐ姿も、竜みたいでカッコイイです!(ただし、滅多に見れません)

帰りにソラマチで買い物や、食事も楽しめますしぜひオススメしたいスポットです!!
ぜひ、1度訪れてみて下さい!!

取材日

2015/08上旬の日曜日

所在地

東京都墨田区押上1-1-2

関連リンク

すみだ水族館

新江ノ島水族館 : イルカのショーで楽しみ、幻想的なクラゲも見れて一日遊べます!

神奈川県にある新江ノ島水族館には片瀬江ノ島駅から3分のところにあります。

enoshima aquarium_4photo by ajari

海に面していて景色のよいところです。

イルカのショーは背景が江の島と富士山が見えるようになっていて、開放感があり、水面がきらきらしています。
イルカだけでなくオキゴンドウは体長が6mもあり迫力満点です。

ジャンプすると豪快な水しぶきをあげるので濡れることもあります。

多くのクラゲが展示されていますが、球形水槽やカラフルな照明がされているので、幻想的な気分を味わうことができます。

泳ぎ方が独特でゆっくり動作しているので見ていて飽きません。

3Dプロジェクションマッピングで実際の水槽に照射したショーも開催しているので不思議な感覚になります。

生き物を触れるところがあちこちにあります。

小さな鮫やえび、ヒトデに水槽の中に手をいれて直接触ることができます。

慣れているのか鮫はおとなしいのですぐに捕まえられます。

手を洗う場所が近くにあり、アルコールで消毒できるので小さなお子さんでも安心です。

ペンギンコーナーはエサをあげる時間に見学にいくと、ちゃんと並んでいる光景が見れて面白いです。飼育員さんも一匹一匹平等にあげているので感心します。

ウミガメもすぐ近くで見られるので、かわいらしい瞳をみることができます。

所在地

神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

関連リンク

新江ノ島水族館

沖縄美ら海水族館 : 子供と一緒に行くにはとても良い場所です

子供が水族館や動物園が好きなので、旅行先には必ず水族館か動物園がある場所を選んでいます。
沖縄は海も自然もあり、子供と一緒に行くにはとても良い場所と思い決めました。

沖縄美ら海水族館photo by amika san

と言っても、行ったのは11月。海で泳ぐことはできませんでしたので、美ら海水族館は子供の一番の楽しみの場所でした。
美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、空港から2時間かかり、周りにホテルも少ない為、行くと決めた日は美ら海水族館だけの為の日になりました。
当日は雨。みんな行くところがなかったのか、水族館は大混雑でした。

しかし!やはり3尾ものジンベイザメが悠々と泳いでいるのは圧巻です。
東京の水族館では、マンタが泳いでいるのを見るだけでも感動しますが、水槽の大きさが全く違います。マンタも小さく見えるほどの大きさです。

この大水槽を眺めながらご飯が食べられるレストランがあるのですが、何時間でも座っていたい気分になります。

私が美ら海水族館を訪れた時、イルカラグーンに病気で尾びれを失ったバンドウイルカの「フジ」がいました。

人工尾びれで自由に泳いでいるフジを、息子はずっと見つめていました。

昨年、亡くなってしまい、とても残念です。

また沖縄に行く機会があったら、晴れている時に行ってみたいな~。

水族館だけでなく、そこから見える沖縄のキレイな海も堪能してみたいです。

所在地

沖縄県国頭郡本部町字石川424番地

関連リンク

沖縄美ら海水族館

沼津港深海水族館:可愛い生き物が満載なスポット

「沼津港深海水族館(ぬまづこうしんかいすいぞくかん)」は、静岡県沼津市にある施設で、名前の通り深海の生き物がたくさん見られる水族館です。

沼津港深海水族館photo by Kentaro Ohno

あまり大きな建物ではありませんが、見ごたえは十分。普通の水族館にいるような、華やかな熱帯魚などはおらず、その代わり、深海の不思議な生き物が満載です。

週末に訪れたところ、開館すぐの時間帯だというのに、建物をぐるっと囲むように行列ができており、驚いてしまいました。なかなか人気のある水族館なのかもしれません。

シーラカンスの剥製が目玉のようですが、ハコフグの稚魚など、意外に可愛い魚もたくさん見ることができます。少し残念だったのは、訪れた当日はメンダコを見ることができなかったことです。メンダコの展示状況は、ウェブサイトで確認することができるようです。丸っこくてヒラヒラしたフォルムや、顔立ちがなかなか可愛い生き物のようです。

この他、最近人気があるらしいダイオウグソクムシも見ることができます。

もちろん、これら以外にも珍しい生き物がたくさん展示されています。ここでしか見られない珍しいラインナップに、ハマってしまう人もいるかもしれません。

また、建物を出るとすぐに沼津港というのもいいものです。美味しい海産物を食べられるお店がたくさんあるので、食事には困らないでしょう。

また、水族館の中のミュージアムショップでは、ぬいぐるみやマグネットなどのグッズが購入できますが、そことは別に沼津港でお土産を買うという選択肢も持てます。

水族館を出たら、あとは特に何もない、というのでは少し困ってしまいますが、その心配がないのもオススメできる点のひとつです。

所在地

静岡県沼津市千本港町83番地

関連リンク

沼津港深海水族館