搭乗レポート

【搭乗レポート】エールフランスAF274便 パリ発 東京(羽田)着

エールフランス航空AF274便でパリ(シャルル・ド・ゴール)発→東京(羽田)便に搭乗しましたので、レポートします。

概要

エールフランス航空
AF274便
パリ(シャルル・ド・ゴール)発→東京(羽田)便
23:25発
飛行時間は約11時間50分
機体はBoeing 777-300

遅い時間の出発なので、最終日は夕刻まで行動できるのがメリットです。

01 航空機外観

搭乗手続き

日本発の時と違って、スムーズに行かない可能性があるので注意しましょう。
私はツアーで行ったので、日本人の添乗員さんと現地のトラベルエージェンシーの方の助けがあったので、なんとかなりましたが、個人で旅行する場合は、十分に時間に余裕をもって搭乗手続きに臨んだ方が良いと思います。
多分大丈夫だろうと思いつつも、ハラハラする局面でした。

無人の搭乗手続き端末の不具合

搭乗手続きを無人の端末で行えるんのですが、手続きが上手くいかない可能性が高いです。
さらに、遅い時間の便だと、印刷用紙がなくて、エラーとなります。
体感だとグループの8割くらいの人は、NGでした。
こうなると、有人窓口に並ぶしかありませんので、時間が掛かります。

預け入れ手荷物の重量は機械で正確に計測されます

上限サイズのスーツケースで、買い物して荷物が多いと、上限重量を超える可能性があります。
実際に、同じツアーのグループの方は、ギリギリでした。
手荷物に移すなどして、超過料金を超えないように注意しましょう。

機内の様子

エコノミー席

機体後方です。
3-4-3の並び。

05 エールフランス AF274 機内の様子
フライト時間が長いので、通路側の方が個人的には良いです。
トイレは最後尾に3つあるので、最後尾のを使うと待ち時間が少ないです。
ドリンクとお菓子が、何カ所かにおいてあるので、自由に飲食できるのがうれしいです。

避難の案内

色使いがハイセンスです。

04 エールフランス 避難案内

ディスプレイ

到着時間などが分かります。映画もストリーミング配信で好きなのを見れます(日本語対応)

06 エールフランス AF274 モニタ

夕食

離陸して高度が安定すると、割とすぐに機内食が配られはじめます。

02 エールフランス 機内食 夕食
夜1時くらいなのに、ガッツリですが、ここで食べておかないとおなかが空くので食べておいた方がよいでしょう。
機内食は美味しかったです。パンとチーズが美味しいですね。フランスの食事はホント美味しいなと思いました。
私は好きですが、カマンベールチーズは、日本ではなじみの無い臭いなので好き嫌いがでるかもしれません。

朝食

朝食と行っても、日本時間で言うと夕方なのですが、着陸2時間前くらいに食事が配られます。

03 エールフランス 機内食 朝食
これも美味しいですね。

羽田到着

18:20着。おつかれさまでした!

07 エールフランス AF274 羽田着
丁度通勤時間帯なので、都内をスーツケースをもって帰宅するのは大変そうだったので、リムジンバス + 電車で帰宅しました。

おわりに

エールフランスでパリ(シャルル・ド・ゴール空港)から東京(羽田空港)は、搭乗手続きは手間取りましたが、食事や機内サービスなど総合的な満足度は高かったです。
次に、フランスへ行くときもエールフランスを使いたいと思いましたよ。

旅行日

2017年10月

【搭乗レポート】エールフランスAF293便 羽田からシャルルドゴール

エールフランスAF293便に乗って東京羽田空港からパリ=シャルル・ド・ゴール空港へ行きましたので、搭乗レポートします。

エールフランスAF293便は、22:55羽田発です。
この時間だと仕事終わりで行くことが出来るのがメリットですね。
私も、都内で仕事が終わってから羽田空港に直行しました。

スーツケースは、ヤマト運輸の空港宅急便を利用して、羽田空港の窓口で受け取りました。
2,000円くらい掛かるのと、2日前までに発送しないといけないのが難点ですが、通勤ラッシュで大きなスーツケースを運ぶのは大変などで利用しました。

どのくらい前に羽田空港へ行けばよいのか?

HISのツアーで行ったのですが、集合は20:30(出発の2時間25分前)でした。
預け入れ手荷物の手続きの窓口に並ぶ時間が長いので、早めに行動したほうがよいですね。
締め切り時刻については、公式サイトでご確認ください。

チェックイン時間の締め切り時刻 | AIRFRANCE

搭乗手続きの流れ

  • (HISのカウンターで受け付け。イーチケットの控えを貰う。)
  • 自動チェックイン機で、チェックインする。パスポートを読み取ればチェックインできるようなのですが、上手くいかなかったので、イーチケットに記載の番号を端末に入力しました。
  • 預け入れ手荷物を預け入れる(時間掛かるので注意!)
  • 手荷物検査
  • 出国審査
  • 免税店エリアを経由して
  • 指定された搭乗ゲート付近のベンチで待つ

  • アナウンスがあったら搭乗

01 出発

すべて日本語でOKです。

機内持ち込み

最近はテロ対策で厳しく、基準も変わったりする印象なので、出国前に最新の情報を要確認です。

刃物、100mlを超える液体物、リチウムイオン電池周りは注意が必要です。

持込みが禁止、あるいは制限されている品物 | AIRFRANCE

預け入れ手荷物のサイズは?

細かい規定があるので、公式サイトで確認したほうが良いですが、
23 kgの手荷物を2個(最大158 cm)です。

02 AF293機体

搭乗する機体、ボーイング777-300。
エンジンが大きい!

搭乗

03 搭乗

座席のzone毎に、順次搭乗していきます。
日本語でもアナウンスがあるので、特に迷わないと思います。

04 ボーディングブリッジ

ボーディングブリッジ経由で乗り込みます。
飛行機に乗ったところで、キャビンアテンダントさんに、搭乗券を見せると、席がある列を指さしてくれます。
エコノミーの席は、ビジネスクラスと、プレミアムエコノミークラスの席の奥です。
ビジネスクラスと、プレミアムエコノミークラスの席は、広々としていて、近未来的な感じで、快適そうです。

機内の様子

自席から

05 機内
自席から撮った機内の様子はこんな感じです。
3-4-3人掛けのシートです。
長時間フライトで、ほとんどの飛行時間は窓のブラインドを占めてしまうので、通路側が個人的には良いですね。安めのツアーなので席選べませんが。

私は左側の3列シートの真ん中の席でした。
グループでの座席が横の保証が無いツアーでしたが、同行者と隣り通しだったので良しとします。

私の周りは8割日本人に以外の印象でした。

座席間隔

06 座席間隔
座席の前後の間隔は、こんな感じです。広くも無いが極端に狭くも無いという感じです。
奥の席から、通路にでるのは、少し大変です。

ブランケットと枕

07 ブランケットと枕
ブランケットと枕が、席に置いてあります。
枕を使うと、疲れにくい姿勢がとれます。

お絞り(手拭き)

08 お絞り
紙のお絞り。食事の前などに使います。

ヘッドフォンとアイマスク

09 ヘッドフォンとアイマスク
ヘッドフォンとアイマスクが配られます。
好みですが、ヘッドフォンより、手持ちのイヤホンを持っていくのもおすすです。
アイマスクもありがたいですが、ゴムがきつめなのでずっと使うと痛くなりました。

液晶画面

10 液晶画面
全席自分用のタッチパネルの液晶画面が付いてます。
映画を観たりできます。
日本語に対応しています。

意外と多くの人が一晩中?観ているので、自分が寝ているときに付いていると、まぶしく感じるデメリットはあります。

11 チャット
座席番号指定でチャットができます。日本語は対応してません。
少し遊んで、終わり。

USB充電端子

12 USB

USBで充電出来る端子が液晶パネルに1個付いています。これは、うれしいです。現地に着いたときに、スマホなどフル充電で使えます。
あと、ACのコンセントのようなものも付いていました。こちらは、3人で2端子でした。プラグ形状や、電圧は不明です。

機内食

13 機内食 夕食

紙でメニューが配られます。
少し怪しい日本語ですが、日本語表記もあります。

機内食は予想していたより美味しくて感動しました。
旅が始まったばかりなのに、フランス旅行への機体が膨らみます。
配膳の時に、フレンチ(ポーク) or ジャパニーズ(チキン)?と行った感じで聞かれます。
私は、フレンチ(ポーク)を頼みました。
日本人はフレンチを頼んで、外国人は日本食
日本時間の夜24時くらいなのに、がっつりな食事です。
基本的にどれも美味しいです。カマンベールチーズは独特な臭いがあるので好き嫌いが

キャビンアテンダントさんは、フランス人ぽい感じでした。英単語か指さしでなんとかなります。
日本人も3人載って居るとアナウンスがありましたが、飛行中は見かけませんでした。
お礼の挨拶は、フランス語で「メルシー」なので、それくらいは覚えておきたいですね。
あと、ムッシュー(男に呼びかける時の語)、マダム(夫人に呼びかける時の語)も、呼びかけに普通に使われる頻出単語。

ミソスープ

14 味噌スープ

ミソスープはいかがですか的な感じで聞かれるので、もらってみると具無しみそ汁でした。
美味しいです。

ドリンク

15 機内食 夕食 ワイン

ドリンク類は、アルコールも含めて追加費用なしで飲めます。
食事が美味しそうで、つい白ワインを頼んでしまいました。
シャンパンも美味しそうでした。
が、フライト中に少し具合が悪くなったので、アルコール弱いひとは控えた方が無難ですね。
帰路では、ソフトドリンクにしておきました。

食後に、コーヒー、ティー、水のサービスもあります。

飛行中

12時間35分もあるので、長いです!!

それなりに寝れましたが、仕事帰りなこともあり、つらさを感じました^^;
翌日の観光のことも考えて、映画などは観ずに寝てやり過ごすのがおすすめです。

カウンター的なところに、ドリンクとお菓子が置いてあって自由に飲んだり食べたりできるのが良いですね。
特に、アナウンスが無かったので、気づくのに時間掛かりました。
通路を歩いたり、水分補給をしたりエコノミー症候群にならないように気を付けます。

液晶端末で、あと何時間で付くか、どこを飛んでいるか確認できるので時々みると安心できます。

トイレは最後部に3室あるのを使うのが、中間にあるトイレに比べて混雑度が低いのでオススメです。

朝食

16 機内食 朝食
到着の約1-2時間前に朝食となります。
朝からボリューム満点ですが、朝食もおいしかったです。感触しました。
朝食後は機内のトイレが混むのと、入国審査で並ぶのと、早めにトイレに行っておいた方がよいかもしれません。

シャルルドゴール空港へ到着

17 CDG 到着

お疲れ様でした!
まだ、暗いです。

入国審査

特別に質問などはなく入国できました。

おわりに

さすがに大手(ヨーロッパでは1位、世界では4位の規模)の航空会社だけあって、機内のサービスレベルは高いと感じました。
機内食がおいしいのもうれしいですね!
12時間35分のフライト時間は長いですが、会社帰りに出国できるこの便は使い勝手がよいです。
直行便なのもメリット。乗換がある便のツアーも検討したのですが、片道24時間くらい掛かってしまうようでした。
フランスに行く際はまたエールフランスのAF293便を使いたいと思いました。

【搭乗レポート】高速バス「新宿~松本線」に乗ってみた。新宿と長野県の松本を約3時間で結ぶ。

高速バス「新宿~松本線」乗りましたのでレポートします。

10_ハイウェイバスドットコム

この便は、東京都新宿駅から長野県松本駅を結ぶ路線です。所要時間は約3時間。

往復割引適用で片道3,050円以下と安価。

基本的には予約制です。ネット予約が便利。

交通費を安く済ませたいけど、そこそこの快適性もほしい!ときにオススメします。

運行会社は、京王またはアルピコ交通です。
京王は東京の交通大手、アルピコ交通は長野県松本市を中心として運行する地域でNo.1の交通会社で安心。

この高速バスがオススメの理由

  • そこそこ安い
  • そこそこ速い
  • かならず座れる
  • Webから出発30分前まで予約・変更可能。
  • 便数が多い 24便(1時間に1〜2本)
  • スーツケースなど大きな荷物も運べる。

予約変更(キャンセル含む)が出発30分前までネットできるが、めちゃくちゃ便利!

決済も予約時では無くネットの場合は30分前までにすれば良いので、自分の予定にバスを合わせることができるイメージです。キャンセル料も発生しにくいです。

この便を、使う理由ですが、一言で表現すると、「使い勝手が良い」と思います。

難点は、電車に比べると快適性は劣る点でしょうか。値段が違いますし、これは我慢する必要があります。

その他の選択肢

下記がありますので参考にしてください。
私はどれも利用したことがありますが、今回は簡単な紹介にとどめます。

・JR「特急スーパーあずさ」
費用を気にしなくても良い場合は、1番快適です。快適。指定席で7000円くらい。

・トラビスジャパン
法改正前はツアーバスで運行していた格安高速バス。1890円〜

新宿高速バスターミナル」

高速バスの発着する場所「新宿高速バスターミナル」は、新宿駅西口から徒歩2分!

01_新宿高速バスターミナル

02_新宿高速バスターミナル

電車・地下鉄・バスとの乗り換えも便利です。
しかしながら、、新宿駅はダンジョンなので、初めて利用する場合は迷う可能性があるので時間に余裕を持って行きましょう。

予約決済を行っていない場合は、窓口で決済を行います。休日は窓口が混む場合があり、特に初めての場合30分くらいまえには着くようにしたほうがよいでしょう。出発が近い乗客を優先に手続きできるような配慮もありますが、ネットで決済しておくのがオススメ!

バス停の番号は、窓口にある電光掲示板や放送、係員に確認します。

バス

便によって、京王の場合とアルピコの場合があります。写真は、京王(京王グループの西東京バス)の車両。

03_高速バス_新宿_松本

スーツケースなど、大きいサイズの荷物を預けるスペースがあるのが便利です。(貴重品や壊れ物はNG。)
04_高速バス_新宿_松本

観光バスでおなじみの、4列シート。
座席間隔は広い方だと思います。もっと狭いバスもあるので。
05_高速バス_新宿_松本_座席

06_高速バス_新宿_松本_座席

トレイが着いています。臨時便には着いていない場合もあります。予約時に確認可能。

休憩

双葉サービスエリアで約10分間の休憩があります。
トイレは広め。ここ数年内でリフォームしたので、比較的きれい。

07_高速バス_新宿_松本_双葉サービスエリア

終点 松本バスターミナル

終着松本バスターミナル。
お疲れ様でした。

08_松本バスターミナル

松本駅は、バスターミナルの目の前に位置します。
09_松本駅

予約方法

ネットで予約するのが便利です。
ハイウェイバスドットコム

電話予約も可能。

往復や複数人で利用する場合は、ネットで購入できるWeb回数券(2枚、4枚綴り)や、窓口で購入できる回数券(4枚綴り)を購入するのがおすすめです。

この高速バス使ってぜひ長野に観光へ行ってみて下さい

【搭乗レポート】特急ラピート : 大阪 南海なんば駅から関西空港駅まで約38分で快適な旅!

大阪 南海なんば駅から関西空港駅への移動に、「特急ラピート」を利用しました。

01_ラピートβ_外観

 

02_ラピートβ_外観2

07_ラピートβ_電光掲示

特急料金が掛かりますが、非常に快適で、一回使うと普通列車の乗れなくなってしまうかもしれません。

イカツイ、外観が特徴的です。

そして、事前に調べないと気づくのが難しいと思うのですが、この路線には、お得な割引切符の設定があります。
ぜひ使いましょう!

「関空トク割 ラピートきっぷ」を使えば、実質的に、普通運賃に+210円の価格で、特急による快適な移動ができます。かなりお得です。

関空トク割ラピートきっぷ

「通常」
普通運賃+特急券(レギュラーシート):1,430円

「割引」
関空トク割 ラピートきっぷ: 1,130 円

05_ラピートβ_関空トク割ラピートきっぷ

注意点としては、「関空トク割 ラピートきっぷ」は、自動券売機では購入出来ないため、駅の窓口で購入する必要があります。

03_南海なんば_特急券・指定券売り場

発売駅は、下記です。

  • なんば(難波駅サービスセンター・3F特急券発売所)
  • 新今宮
  • 天下茶屋
  • 住吉大社
  • 関西空港

座席

04_ラピートβ_車内

座席周りはゆったりしていて、座り心地もよく快適です。
全席指定なので、座れないこともありません。

荷物置き場

05_ラピートβ_車内_荷物置き場

関西国際空港行きの路線ということもあって、スーツケース等の荷物を置けるスペースがデッキにあります。

旅行日

2014年9月下旬の平日

参照

関空トク割 ラピートきっぷ | 南海電鉄

【搭乗レポート】有馬温泉から新大阪へ阪急高速バスで移動してみた

有馬温泉から新大阪駅への移動に「阪急高速バス」を使って移動しました。

阪急高速バス_有馬温泉_新大阪

このバスは、
・大阪↔有馬温泉
間を特急55分、急行60分で結ぶ高速バス路線です。

停留場

有馬(特急・急行)
千里ニュータウン(急行)
新大阪(急行)
大阪(阪急梅田)(特急・急行)

おすすめできる路線です。

数ある交通手段の中で、この交通手段を選んだ理由

1. 座席が確保されている
全席指定席ですので、全行程座って移動できます。

2. 乗り換えが無い
乗り換えが無いと、ずっと寝ていられるので楽ですね。

3.安い
1,230円(有馬→新大阪)
他の交通手段とくらべても、申し分ないです。
(参考:全行程、普通電車の場合1,250円 2回乗り換え、70分ほど。有馬口駅→三田駅→大阪駅→新大阪駅)

4. 本数が多い
・有馬温泉→大阪 17便
・大阪→有馬温泉 16便(金曜日・祝日の前日は17便)
※新大阪にとまらず、大阪(阪急梅田)直行便も含む

乗車方法

  1. 有馬温泉から乗る場合は、
  2. 「阪急バス有馬案内所」の窓口で乗車券を購入
  3. 約10分前から、案内所のすぐとなりの駐車場で、乗車案内開始されるので、乗車する。

阪急高速バス有馬案内所

  • 休日ということもありましたが、4列シートは満席で、さらに、補助席も数席使われていました。
  • 乗車券は、有馬温泉についたら早めに購入しておいたほうが良いと感じました。
  • 座席は、観光バスに良くある4列シートです。

阪急高速バス_有馬温泉_新大阪_座席

旅行日

2014年9月下旬の休日

参照

路線情報大阪⇔有馬温泉 | 阪急高速バス