京都 鈴虫寺 : ここだけしか手に入らない幸福のお守があります

鈴虫寺

ここ最近で有名になったのが「幸福守」です。

鈴虫寺

photo by Norio NAKAYAMA

私が行った時も若い女性達でいっぱいでした。

鈴虫寺は、普通に拝観するお寺とは違いまず中に通されてから約15分の御説法があります。

タイミングよく行けばすぐに中に入れますが前のお話し中だと15分程外で待たされます。

中に入るとお茶とお茶請けを配られるので、それをいただきながら住職さんの御説法を聞きます。

御説法は全然堅苦しくなく今話題の言葉を使ったり、笑わせたりと楽しいお話しをしてくださる方でした。

ちなみに私が行った時はAKB48の話題でした。

そして目的の幸福守ですが、黄色の見てるだけで幸せになれそうなお守りを買ったら次は外にあるわらじを履いたお地蔵さんのところへ行きお祈りします。

このお地蔵さんは、ひとつだけお願いごとを叶えてくれるお地蔵さんで、お祈りするときに自分の住所を心の中で唱えると家までお願い事を叶えに来てくれるんです。

詳しいお祈りの仕方は御説法の時に教えてくれますが、人の為になるようなお願い事をするといいと言われました。

ここ鈴虫寺では御朱印も書いていただけます。

御朱印がある人は最初に預けましょう。

数ある京都のお寺の中でもここは行く価値はあります。

拝観料も無料で貴重な住職さんのお話しも聞け、わらじを履いたお地蔵さんがいるのもココだけです。

京都に観光に来た際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

所在地

京都府京都市西京区松室地家町31

関連リンク

京都 鈴虫寺

京都を一望できる穴場スポット 「青蓮院門跡内将軍塚青龍殿」

青蓮院門跡

京都には高層ビルがなく、高い所から風景を見る場所が街中にはあまりありません。

青蓮院門跡

ほとんどの観光客の人は京都タワーから景色を見るのですが、それよりもすばらしい景色を見ることができる場所があります。

それが青蓮院門跡の飛び地である青龍殿です。

東山ドライブウェイの頂上にある青蓮院には将軍塚があります。

桓武天皇が平安京を治める際、和気清麻呂に伴われて東山を登り、都の平安を祈るために将軍の像を造り甲冑を着せて土に埋めた場所です。この将軍塚のそばに青龍殿があり、ここに大きな舞台が創られました。

舞台ができるまでは頂上にある駐車場からの展望台やその周辺からの夜景などは、地元ではわりあい知られていました。しかし京都市内を一望するほどではなかったのです。

拝観料は必要ですが青蓮院青龍殿を拝観して、こちらの舞台に立てば素晴らしいパノラマで景色を堪能することができます。

三方を山に囲まれた京都盆地の姿、鴨川の流れまでも眼下に見下ろすことができます。

西の展望台からははるか大阪のビル群まで見えます。地元の人も近い割には足を運ぶ人が少ないのか、人も少ないのでゆっくり見ることができます。

アクセスとしては東山ドライブウェイを観光バスやマイカーで登るか、ハイキングコースを歩いて登るかになります。

ハイキングコースも人が少ないのでおススメです。

また公共交通機関としては京阪バスがありますが、シーズンによって運行が異なるので注意が必要です。

所在地

京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28

関連リンク

青蓮院門跡内将軍塚青龍殿

紅葉の金閣寺(鹿苑寺):金閣寺の前にある湖面に金閣寺がきれいに映る!

修学旅行以来、金閣寺へ行ってなかったので、数十年ぶりに金閣寺へ行ってきました。

金閣寺photo by ajari

京都駅から、市バスに乗り、金閣寺道で下車すると、人の波が金閣寺へ向かっていました。

紅葉の時期でもあったからか、車も人もすごい数でした。

海外からの観光客もたくさんいました。

金閣寺へ行く参道は、こもれびと色とりどりの木々の風景を楽しむことができ、日常の忙しい時間を
しばし忘れることができました。

紅葉もとても綺麗で、紅葉の絨毯の写真もたくさん撮りました。

そして、数十年ぶりに見た金閣寺は、こんなにぴかぴかだったかなと思うくらい金色に輝いていて、
とても綺麗でした。

天気がいい日に行ったので、思ったより寒くなく、金閣寺の前にある湖面に金閣寺がきれいに映り、最高の写真を撮ることができました。

金閣寺の正式名称が鹿苑寺であることを最近知り、修学旅行で見た風景をほとんど覚えてなかったので、
とても新鮮な気持ちで金閣寺を散策することができました。

金閣寺もすばらしいですが、庭園もすばらしく、また春にも訪れたいと思いました。

雪が積もった金閣寺もめったに見れないようなので、雪の金閣寺も見てみたいと思っています。
いろんな角度から金閣寺を楽しめ、四季折々、庭園と木々の彩りをも楽しめる金閣寺は、
何度も行きたい観光スポットです。

所在地

京都市北区金閣寺町1

関連リンク

金閣寺(鹿苑寺)

お寺で湯治♪日光山輪王寺別院温泉寺

日光いろは坂を越え、中禅寺湖を南に臨んでひた走り、勇壮な男体山に見守られながら
戦場ヶ原を抜けると、ほのかな硫黄の香りが漂ってくる…。

Rinnouji 01d 輪王寺三仏堂.JPGphoto by scarletgreen

日光山輪王寺別院温泉寺(以下、温泉寺)は、全国に名だたる日光の各景勝地の更に奥、
群馬県との県境も間近な日光湯元に在ります。

日光湯元は、小さいながらも情緒豊かで清潔感にあふれ、ちょっとした箱庭を思わせる
可愛らしい温泉街です。そして温泉寺は、その日光湯元の源泉湧出地の南に立っています。

温泉寺は、有名な輪王寺の別院にあたり、その名に違わず温泉入浴ができるお寺なのです。
まずは宿坊の玄関に立ち、インターフォンを鳴らしましょう。

案内の方が出てくるはずです…出てきましたか?

では次に、志納金(入浴料にあたります)500円を払いましょう。

最後に、硫黄が香る浴場まで案内してもらったら、いよいよ入湯です。

浴室は石造りで、新鮮な温泉がヒノキの浴槽に並々とたたえられています。

泉質は含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素温泉で、加水前は透明感のある
緑色をしています。しかし、加水なしでは熱過ぎて入れないので、お湯が白濁するくらい
まで温めることをお勧めします。

さて、後はゆっくり肩までつかって、存分に楽しみましょう。

湯上り後には嬉しいサプライズ。人数分のお茶菓子が用意されていますので、お茶を淹れて、
境内の素晴らしい景色を楽しんでください。

所在地

栃木県日光市湯元2559

関連リンク

日光山輪王寺別院温泉寺

寄り道を沢山した善光寺(ぜんこうじ)参拝

長野市に用事があったので、善光寺に訪れました。

Zenko-ji Tokai branch
photo by つだ

駅から歩いて善光寺に行ったのですが、通りにあるお店がお洒落なところが多かったので、寄り道を沢山してしまいました。

長野県の伊那市にある寒天食品で有名なかんてんパパのお店もあり、健康的な寒天の食品やお菓子をお土産に買いました。ご飯屋さんも美味しそうなところが多く、どこで昼食を取ろうか迷ってしまうほど素敵なところが多かったです。

実際食事をしてみても食材や調理法に工夫が施されており美味しかったので、次に訪れたときには他の気になったお店にも入ってみたいと思います。

駅から善光寺まで寄り道をせずに2、30分はかかると思いますが、お店が充実していたので、苦になりませんでした。善光寺に着くと、善光寺内でもしばらくお土産のお店が続き、おまんじゅうを食べながら歩きました。善光寺内には、頭にかけると頭が良くなると言われている煙があるので、お線香を買って煙を頭にかけました。

少しは頭が良くなっていると嬉しいです。お参りもし、家族の健康を祈りました。歴史あるとても有名なお寺なので、ご利益がありそうです。

帰りも同じ道を通って、お洒落なお店にうっとりしながら帰りました。通りは少し京都を思わせるようで穏やかでした。

所在地

長野県長野市元善町491

関連リンク

善光寺