千葉県

海浜幕張駅周辺で安いコインロッカーの場所

千葉県千葉市のJR海浜幕張駅周辺で安いコインロッカーについてです。
200円(小サイズ)〜で借りられます。

海浜幕張駅では多くのイベントが開催

東京ビッグサイトでは、CEATEC JAPAN, 東京モーターショー, コミックマーケットなど、多くのイベントが開催されているので、荷物をコインロッカーに預けて、身軽になって会場を回りたいときに便利ですよ。

コインロッカーの場所

JR海浜幕張駅の北口を出ると、カフェのタリーズが見えると思いますが、その左脇にあります。
コインロッカー200円の看板があるので、分かりやすいですね。


バス停がある方の出口です。東京ビッグサイトやZOZOマリンスタジアムとは逆方向なのでお気を付け下さい。

おわりに

JR海浜幕張駅周辺にある、安く使えるコインロッカーを紹介しました。
ぜひ賢く節約してくださいね!

海鮮浜焼き食べ放題バスツアー 南房総道楽園の海女小屋

南房総

南房総の海鮮料理は、関東地区では人気が高く、秋から冬にかけて、大手旅行会社や、各地のバス・交通・観光会社で多くの海鮮浜焼き食べ放題バスツアーを企画しています。

南房総

photo by hirohiro akabane

私は海なし県栃木に住んでいるので、毎年夫婦で参加しています。

今年は、地元のバス会社の『東京ドイツ村ウインターイルミネーションと海鮮浜焼き食べ放題&ものまねショー』でした。

去年までは、指定された集合場所の6時前集合が多かったのですが今回は夜のイルミネーションがあるため、いつもより遅めの7時集合でゆくりした気分で家を出る事が出来ました。

ツアーバス乗車後3箇所の集合場所で参加者を拾い集めて、全員揃った所でモーニングコーヒーのサービスが珈琲通の私にはありがたかったです。

日曜日だったので、首都高も空いていて、あっという間に東京湾アクアラインに入りました。

ウミホタルでの休憩では、トイレを済ませて3回の屋上から180度東京湾の眺めを見ようとエスカレーターで2回まで上がった所で風が強くて寒いので、早々にバスに戻りました。

程なくして館山自動車道を通り南房総道楽園に着いて海女小屋で海鮮浜焼きを満喫し、隣にあるモノマネお笑いショーを見て東京ドイツ村に着くと暗くなり始めイルミネーションが既に点灯されていました。

時間行程の素晴らしさに、さすが旅行会社であると関心しました。ドイツ村のイルミネーションを1時間満喫して帰路について、帰宅したのは10時でした。お勧め観光ツアーです。

所在地

千葉県南房総市富津町深名505-1

関連リンク

南房総道楽園の海女小屋

龍宮城ホテル三日月 : 昔ながらのファミリー向け温泉旅館

私がオススメするのは木更津にある、龍宮城ホテル三日月です。昨年の夏に行きました。

場所は東京(東)から車で1時間半と行きやすく、小さなお子様連れの方でも然程苦労なく行ける距離だと思います。

辺りはアウトレットと生み以外は何もない場所ですが、施設内はとても広くプールやスパがとても充実しています。

プールは室内外あり水着のレンタルもしているので季節関係なく楽しめます。

スパは流れるプールの様な巨大な物があったり、金や銀の五右衛門風呂があったりで目で見て楽しむ事もできます。そして露天風呂は東京湾を一望できる絶景。楽しいだけでなく日頃の疲れもしっかり癒してくれます。

食事は朝晩共にバイキング形式です。広い会場に沢山のお料理が並ぶので、好き嫌いが多いお子様でも大丈夫です。

場所柄お魚料理が多いのかと思いきや、美味しいのは意外にもお肉でした。ローストビーフは何枚でも食べられる美味しさです。

館内の至る所にアミューズメント性があるので、終始子供が楽しそうにしていました。道幅も広いので多少走ったりしても大丈夫です。

施設と併設してゲームセンターもあるので、時間を持て余す時はそちらへ行くのも良いでしょう。

近隣のアウウトレットのリニューアルに伴い、旅館も改装してプールがとても広くなった様なので更にオススメです。

我が家もまた行きたい場所の1つです。

所在地

千葉県木更津市北浜町1番地

関連リンク

龍宮城ホテル三日月

ディズニーリゾートは老若男女問わず楽しめる夢の国

ディズニーリゾートは一生に一度は行かなければならない観光地!

東京ディズニーランド
photo by Kentaro Ohno

そして一度行くと、絶対にまた行きたくなるという夢の国です。
行ったことがない珍しい方は、ただの遊園地だろ?と思っているかもしれません。でも違います。遊園地ではなく、国になっているんですよ。

スタッフの方はみんな笑顔で、歩く道一つにしても動物の足跡があったりします。ポップコーンの甘い香りがし、いたるところで明るい音楽が流れています。食事一つにしてもミッキーやミニーがあしらわれたりしていて、自宅では楽しめない一品となっており、アトラクションにもそれぞれ物語があります。

五感すべてで楽しめる場所になっているんです。

お年寄りや赤ちゃん連れの親子の方は、のんびりとレジャーシートを敷いて飲み物を飲みながらパレードを見ているだけでも楽しめますよ。

アトラクションに乗ることを目的にしないで、世界を楽しむということを目的にすれば誰もが楽しめる場所です。
パスポートの金額は高く、食事のお値段も高いですが、一年に一度やボーナスが入ったときなどに行くのがおすすめです。

遠い、高い、疲れそう…そんな理由をつけて行っていない方は、ぜひ一度訪れてみてください。絶対にハマりますよ!

所在地

千葉県浦安市舞浜1-1

関連リンク

ディズニーリゾート

東京ディズニーシー 初めて見たキャラクター2988

何度もディズニーシーを訪れていますが、1ヶ月ほど前にディズニーシーへ遊びに行った時に今まで見たこともないキャラクターに遭遇しました。

東京ディズニーシーphoto by Kentaro Ohno

それは、今ディズニーシーで大人気のキャラクターであるダッフィやシェリーメイ、ジェラトーニのグッズのお店があるアメリカンウォーターフロントにいました。

ダッフィーと写真を撮った後、火山の方向に向かって歩いていたのですが、その時に白黒の姿をしているキャラクターがいたんです。

耳がとても長くてしかも細かったんです。
一瞬、昔のミッキーなのかなと思いました。ちょっと似ていたからです。
娘は変なミッキーがいると大騒ぎしていました。

キャストのお姉さんに聞いてみると、昔のミッキーではなく、オズワルド・ザ・ラッキー・ラビットという名前のキャラクターだそうです。

一緒に写真を撮れるグリーティングで登場していたようです。

このオズワルド・ザ・ラッキー・ラビットはミッキーよりも前に誕生したキャラクターだそうです。

しかし、いろんな事情があってディズニーが版権を所有することができなかったそうですが、今はちゃんとディズニーキャラクターになっているそうです。

そして、2014年春からようやくディズニーシーでオズワルド・ザ・ラッキー・ラビットに会えることになったそうです。
一目でも会えてよかったです。

所在地

千葉県浦安市舞浜

関連リンク

東京ディズニーシー