北海道

北海道札幌に旅行したら生ビール・ジンギスカン食べ放題コースがおすすめ

札幌 ジンギスカン

北海道と言えば美味しいものが沢山あることで、有名ですが、道産子の私のお勧めを紹介致します。

北海道の玄関口新千歳空港から先ず、札幌に向かいます。最初は、JR札幌駅から歩いて行ける定番の札幌ビール園でジンギスカンを食べながら苦味が少なくクセのなくてグイグイ何杯でも飲める、出来たての生ビールで旅の安全祈願の乾杯で始まります。

私のお勧めコースは、限りなく生ビールとジンギスカンを味わえる、生ビール・ジンギスカン食べ放題コースです。

翌日は、名店の札幌ラーメン食べ歩きです。札幌ラーメンは味噌味が定番でその中でも『信玄』『白樺山荘』『一幻』がお勧めです。塩・醤油派の方も一度食べたら味噌派ラーメン派になる事間違いなしです。

三日目は、小樽の小樽運河赤レンガ倉庫街に行って、新鮮な海鮮丼(私のお勧めは、積丹半島で取てたウニ丼です。)を食べてエネルギーを蓄えて小樽の街を散策しましょう。

先ずは、赤レンガ倉庫内にある北一硝子のガラス製品を見学私のお勧めは、グラスです。

一つ一つ手作りなので手に持った時の重さや感覚が違うため、購入する時は展示している物ではなく、箱に20個位入った箱の中から自分の手に合ったグラスを選ぶ事ができます。

川湯温泉 : これぞ温泉!山間に囲まれた小さな町でまさに温泉街と言える硫黄と源泉の匂い.

数か月前に私が北海道の道東部へリフレッシュに伺った際に行った川湯温泉です。

川湯温泉
photo by Yusuke Kawasaki

山間に囲まれた小さな町でまさに温泉街と言える硫黄と源泉の匂いがツーンと鼻に来るようなそんな地区です。

私は川湯観光ホテルという所に泊まりましたがこの地域はとにかく酸性が強いお湯でしっかりと身体を流さないと少しヒリヒリしてしまうかもしれません。

しかし、芯から暖まるとはまさにこの感覚と言えるような気持でした。

この地域自体は非常にこじんまりとしており、繁華街で楽しむようなところは外には少なめですがホテルでの生活を落ち着いてすごせるような環境が備わっています。

さて北海道と言いますとやはり空気がきれいで満天の星空が堪能できますが、この地域もそれは言葉にならない程綺麗です。私は星空体験ツアーも申し込み摩周湖展望台から一面の星空を眺めました。

ここまで天の川がはっきり見えたのはプラネタリウム以外では初めてでお金では買えない貴重な体験をしました。

そこから見える斜里町のボヤーと輝く漁火と釧路方面のまるで灯篭ともいえる明るい輝きは目に焼き付いて頭から離れない感動でした。

季節によって異なる印象を見せてくれるような場所である印象も受け夏と春にも足を運んでその土地の良さを実感したいものです。

所在地

〒088-3465 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1丁目2-30

関連リンク

川湯温泉

北海道美瑛町 丘展望公園 まるでヨーロッパの田舎に来ているかのような錯覚

雄大な景色が広がる北海道の美瑛町は、ドラマ「北の国から」で一躍人気となった北海道の富良野から少し北部にある美しい丘陵地帯です。

fine dayphoto by daita saru

このなだらかな丘陵地帯は、日本の風景とは思えないほど広大で美しく、まるでヨーロッパの田舎に来ているかのような錯覚を覚えます。遠くは地平線が見渡せそうなくらいまで雄大な大地が広がっており、抜けるような空の青さと木々の緑、色とりどりの花々の鮮やかな色、大地の茶色のコントラストが見事に融和されています。

美瑛は、四季折々の景観美が楽しめる場所で、夏季シーズンはラベンダーなどの色とりどりの花で鮮やかに彩られ、短い秋は紅葉した木々によって鮮やかに彩られ、長い冬季シーズンは、一面の銀世界と化します。

美瑛町は、タバコのコマーシャルにも使われた、なだらかな丘陵地帯に背の高い樹木の森となっている「マイルドセブンの丘」や、広大な大地に一本の大きな木が立っている景色が印象的な「セブンスターの木」、地平線まで広がるラベンダーが有名な丘陵地帯のお花畑「ファーム富田」など、さまざまな魅力的な見所に溢れています。

さらに足をのばし、北西の丘展望公園からは、この広大な美瑛町の景観美を一望することができます。

ピラミッドの形をした展望台に登ると美瑛町の丘陵地帯の全景を眺めることができるだけでなく、遠くは十勝岳連峰までをも見渡すことができます。

所在地

北海道上川郡美瑛町大久保協生

関連リンク

北海道 美瑛町 北西の丘展望公園

四季折々楽しめる札幌大通公園

札幌の大通公園は札幌市の中央を東西に約1.5キロにわたり広がる緑豊かな公園で、観光客でも必ずといっていいほど足を運ぶ札幌のシンボルだと思います(ちなみに私は観光客ですが)。

Night park.photo by MIKI Yoshihito

公園の東の端には札幌のランドマークともいえるテレビ塔がたっており、その展望スペースからは大通り公園を一望することが出来ます。昼間は藻岩山方面を背にした雄大な景色が見えますし、夜はイルミネーションを彩った札幌市内の夜景を楽しむことができます。またテレビ塔自身もライトアップされていますので、昼とは違った趣を見せてくれます。

大通公園では1年を通じて様々なイベントが行われています。主なところでは、雪まつり、ライラック祭り、YOSAKOIソーラン祭り、さっぽろオータムフェスト、さっぽろホワイトイルミネーション、ミュンヘン・クリスマス市などのイベントがあり、四季おりおり、それぞれで違った景色を見せてくれたり違った楽しみ方を与えてくれます。

雪まつりは言わずと知れた冬の風物詩であり、このまつりを目当てに多くの観光客が訪れます(残念ながら私自身はまだいったことはありませんが絶対行きたいイベントの1つです)。

ライラック祭りは同時開催されるワインフェスティバルと併せ、初夏の日差しの中で昼間からワインやおいしいアミューズを楽むことが出来たり、ミュンヘン市では寒さの中でもクリスマスムード満点で、ソーセージをほおばりながらホットワインで暖を取ったりと、本当にいろいろな楽し味方ができるところです。

自分自身にあった楽しみ方ができる、大通公園はそんなところだと思います。

所在地

札幌市中央区大通西1~12丁目

関連リンク

札幌大通り公園

湯元第二名水亭:家族旅行で満足度100%のリゾート系ホテル。北海道。

もし小さなお子様がいる家族旅行で北海道を訪れたのであれば、是非とも利用をお勧めしたいホテルです。
まずホテルの特徴は温泉および、プールの施設が非常に充実していることです。

まず大浴場がとてつもなく広いです、そして温度や用途に併せた複数の湯船が、これでもかというぐらいに配置されています。
その先に露天風呂も、これまた大きく、とにかく開放感が半端ありません。

本格的な温泉施設とは別に、屋外に温泉ビーチと呼ばれる35度程度の温泉施設があります。

こちらは水着を着用する必要がありますが、滑り台やジャグジーが配置してあり、子供が楽しく遊べる施設となっています。

また、本物のヨットが置いてあり南国の演出もされており、これまた非常に広いスペースなので、ここだけで数時間は遊べると思います。

また、屋外プールも別に用意されており、こちらは25mの本格的な競泳用のプールなので、大人も子供もスイミングを楽しむことができます。

そして、もう一つの特徴は食事です。

バイキング形式になりますが、広大なレストランのスペースに有り得ないほどの種類の食事が並びます。

和・洋・中華・ステーキと考えられる全ての料理が並んでおり、正直なところ全種類食べる前に満腹になってしまうこと必至です。

とにかく、北海道のスケールをそのままホテルにしたような豪快なリゾート系ホテルですので、是非、利用することをお勧めします。
特にお子様の満足度は100%間違いありません、何度も利用したくなる素晴らしいホテルです。

所在地

北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300-7

関連リンク

湯元第二名水亭