動物園

最高です!こんなに動物と触れ合えちゃっていいんですか?ノースサファリサッポロ

初めての北海道旅行の時にクチコミがよかったので試しに行ってみた「ノースサファリサッポロ」(以後NSS略)。

DSC_0235
photo by yoppy

体験型のサファリパークでそこまで凶暴な動物はあまりいないのでお子さんにとてもいい体験をさせられるでしょう。
もちろん大人も楽しめます。

動物のいる園内自体はそこまで広いわけじゃないんですが、触れ合い度に必ず満足出来ます。

まず、入口ゲートが大きなライオンの中に入っていく形になっており最初からワクワクさせてくれます。

大きな鳥がいたり少しドキドキするゾーンを経ていくと、入ってすぐワラビーのエサやりができます(笑)

体験させることを全くもったいぶらずにさせてくれるのがNSSのいいところです。

メインのイベントにライオンの赤ちゃんやワニを持っての写真撮影などもあり記念になります。

それよりも私が気に入ったのがミーアキャットと直に遊べたことです。

とても人慣れしているミーアキャットで「ミーミー」言いながら甘噛みしながらジャレてくる姿がめちゃくちゃかわいいです。

園内には多くの動物に直に触って遊べる環境があるので今まで行ったことのある、どのサファリパークよりも面白かったです。

バギー体験などもあるのでレジャーとしてのレベルも高いです。札幌に行く際は是非一度行ってみることをおすすめします。

所在地

〒061-2273 北海道札幌市南区豊滝469-1

関連リンク

ノースサファリサッポロ

旭山動物園 動物たちへの愛・愛・愛・・・

「旭山動物園」、日本で(たぶん)一番知名度の高い動物園があるのは、北海道は旭川です。

ASAHIYAMAYA Zoo.photo by MIKI Yoshihito

旭山と旭川、ちょっと混同しがちですが、旭川市にある旭山動物園です。

動物たちを野生に近い状態で飼育し、その生活を観察できる行動展示で有名です。

頭上のロープをサルが渡ったり、ホッキョクグマをアザラシの視点で見られるドーム(名物ですね)があったり、檻や柵がすぐに越えられそうなほど低かったり。動物たちの行動や習性をよく理解しているからこそ、こういうオープンでより動物たちを近くに感じられる展示ができるのです。

自然の起伏や斜面を利用した展示も面白い。そしてここの動物園の良いところは、飼育員さんたちの動物への愛がこれでもか!というくらいに感じられることです。

動物たちの檻の前にある説明カード。好きな食べ物や生息地の場所、一頭一頭の名前のほか、おもわず「へぇ」と言ってしまう細かな情報がたくさん書かれているのです。

クイズ形式になっているもの、毛や骨を触って学べるもの、手書きのイラストや壁一面に紹介が描かれているものなどなど。ひとつひとつ読んでいたらきっと1日じゃ回りきれません。

園内は自然の木々も多く、植物や樹木にも説明カードがつけられています。春夏秋冬、いろいろな季節に訪れてみたい動物園です。

所在地

北海道旭川市東旭川町倉沼

関連リンク

旭山動物園

旭山動物園 : 動物たちの本来の生活を見ることができる動物園

北海道には様々な観光名所がありますが、その中でも「旭山動物園(あさひやまどうぶつえん)」は大人から子供まで楽しめる観光名所の一つです。

ASAHIYAMAYA Zoo.photo by MIKI Yoshihito

テレビ番組などでも度々紹介されているため、全国的に知名度の高い動物園の一つとなっています。

旭山動物園は、北海道の丁度真ん中辺りにある旭川市内にあります。動物園へのアクセス方法は豊富にありますが、動物園までの道のりも思いっ切り楽しみたいという人には、旭山動物園号を利用する方法がおススメです。

旭山動物園号は、外装・内装が全て動物で埋め尽くされている電車です。

車両ごとにテーマが違っていて、サバンナや南極などのテーマに合わせた動物たちのイラストが外装に描かれています。

内装は、全ての座席に動物たちの顔が描かれたシートが被せられていたり、1両目が子供たちの遊び場スペースになっているなど、様々な工夫がなされています。

札幌駅から旭川駅まで乗っていくことができますが、毎日運行しているわけではないので事前に確認する必要があります。

旭山動物園は、様々な趣向を凝らした展示を行っています。

特に人気が高いのはアザラシやレッサーパンダです。

これらの展示スペースでは、子供から大人まで多くの人がカメラを片手に愛らしい動物たちの姿を観察しています。アザラシは筒状の水槽内を上下に自由に泳ぎ回り、レッサーパンダは入場者の頭上に渡された梯子を縦横無尽に駆け回ります。自然の中での生活とほぼ同じ動きを見れるということで、展示スペースができてから今までずっと愛されてきています。

他の動物たちの展示についても、それぞれの特徴を引き出せるような特別な展示がなされています。
旭山動物園でしか見ることができない動物たちの姿もあるので、一度行ってみてはいかがでしょうか。

所在地

北海道旭川市東旭川町倉沼

関連リンク

旭山動物園

那須動物王国は様々な動物と触れ合える!

アルパカ目的で那須動物王国に行きました。

photo by katsuuu 44

園内は広く2つのエリアに分かれていました。

触れ合える動物が多く、間近で見ることも出来ました。

珍しい種類の動物でも触れることができたので、貴重な経験になりました。

アザラシが好きで、長い間アザラシを眺めていたのですが、アザラシの方から近くに寄ってきてくれて、尻尾を水面に出して触らせてくれました。気持ちが伝わったようで、頭がいいと思いました。

園の中央にはたくさんの種類の犬もおり、入場料とは別にお金を支払えば、好きな犬と園内を散歩できるサービスもありました。散歩はしませんでしたが、囲い内で犬たちと触れ合うことが出来てとても楽しかったです。

そして園内を走るバスを利用してもう1つのエリアに移動しました。そこでやっとアルパカに会うことができました。毛が本当にふわふわで目もクリクリしていてとても可愛らしかったです。

思った通りの可愛さでした。近くにラクダもいたのですが、なんとそのラクダに乗ることが可能でした。

馬よりもだいぶ高さがあり怖かったので乗れませんでしたが、日本ではなかなかできない体験だと思うので、帰った後に少し後悔をしました。次回また訪れた時には挑戦してみたいと思います。

所在地

栃木県那須郡那須町大島みどりヶ丘

関連リンク

那須動物王国

那須サファリパーク こんなに近いサファリは初めて!

わたしがおすすめする国内観光スポットは栃木県にある「那須サファリパーク」です。アクセスは東北自動車道「那須I.C」から那須街道経由で約15分ほどで、施設の見た目は、田舎町にあるサファリパークといった印象ですが、中身はすごいです!

入場料を払い、パーク内の移動方法を選びます。
自家用車かレンタカーかバスを選びますが、免許を持っているのであればおすすめは断然レンタカーです。

立地上からか、あまり混雑することはなく、3回訪れましたがいずれも先客は2組ほどでした。

自分たちでレンタカーを運転し、動物ゾーンのサファリ内に入っていきます。

最初は肉食動物ゾーンで、トラなどが離されているゾーンで観察することができます。これも迫力はあるのですが、その次の草食動物ゾーンが特におすすめです!

なんと車の窓を少し開けて、手渡しで事前に購入した動物のエサをあげることができるんです。

シマウマやロバ、シカ、キリンなど、様々な動物が車を待ち構えています。

車が走るコースは決まっていますが、そんなのお構いなしで通路をふさいでエサのおねだりをしてくる姿はかわいくもあり恐ろしくもあり、ド迫力です。車のサイドミラーはへこみ、窓ガラスもよだれでべちゃべちゃになります。そのぐらいの迫力です。

そんな草食動物の一面をみられる那須サファリ、ぜひレンタカーで廻られることをおすすめします。

所在地

栃木県那須郡那須町高久乙3523番地

関連リンク

那須サファリパーク