【搭乗レポート】エールフランスAF274便 パリ発 東京(羽田)着

エールフランス航空AF274便でパリ(シャルル・ド・ゴール)発→東京(羽田)便に搭乗しましたので、レポートします。

概要

エールフランス航空
AF274便
パリ(シャルル・ド・ゴール)発→東京(羽田)便
23:25発
飛行時間は約11時間50分
機体はBoeing 777-300

遅い時間の出発なので、最終日は夕刻まで行動できるのがメリットです。

01 航空機外観

搭乗手続き

日本発の時と違って、スムーズに行かない可能性があるので注意しましょう。
私はツアーで行ったので、日本人の添乗員さんと現地のトラベルエージェンシーの方の助けがあったので、なんとかなりましたが、個人で旅行する場合は、十分に時間に余裕をもって搭乗手続きに臨んだ方が良いと思います。
多分大丈夫だろうと思いつつも、ハラハラする局面でした。

無人の搭乗手続き端末の不具合

搭乗手続きを無人の端末で行えるんのですが、手続きが上手くいかない可能性が高いです。
さらに、遅い時間の便だと、印刷用紙がなくて、エラーとなります。
体感だとグループの8割くらいの人は、NGでした。
こうなると、有人窓口に並ぶしかありませんので、時間が掛かります。

預け入れ手荷物の重量は機械で正確に計測されます

上限サイズのスーツケースで、買い物して荷物が多いと、上限重量を超える可能性があります。
実際に、同じツアーのグループの方は、ギリギリでした。
手荷物に移すなどして、超過料金を超えないように注意しましょう。

機内の様子

エコノミー席

機体後方です。
3-4-3の並び。

05 エールフランス AF274 機内の様子
フライト時間が長いので、通路側の方が個人的には良いです。
トイレは最後尾に3つあるので、最後尾のを使うと待ち時間が少ないです。
ドリンクとお菓子が、何カ所かにおいてあるので、自由に飲食できるのがうれしいです。

避難の案内

色使いがハイセンスです。

04 エールフランス 避難案内

ディスプレイ

到着時間などが分かります。映画もストリーミング配信で好きなのを見れます(日本語対応)

06 エールフランス AF274 モニタ

夕食

離陸して高度が安定すると、割とすぐに機内食が配られはじめます。

02 エールフランス 機内食 夕食
夜1時くらいなのに、ガッツリですが、ここで食べておかないとおなかが空くので食べておいた方がよいでしょう。
機内食は美味しかったです。パンとチーズが美味しいですね。フランスの食事はホント美味しいなと思いました。
私は好きですが、カマンベールチーズは、日本ではなじみの無い臭いなので好き嫌いがでるかもしれません。

朝食

朝食と行っても、日本時間で言うと夕方なのですが、着陸2時間前くらいに食事が配られます。

03 エールフランス 機内食 朝食
これも美味しいですね。

羽田到着

18:20着。おつかれさまでした!

07 エールフランス AF274 羽田着
丁度通勤時間帯なので、都内をスーツケースをもって帰宅するのは大変そうだったので、リムジンバス + 電車で帰宅しました。

おわりに

エールフランスでパリ(シャルル・ド・ゴール空港)から東京(羽田空港)は、搭乗手続きは手間取りましたが、食事や機内サービスなど総合的な満足度は高かったです。
次に、フランスへ行くときもエールフランスを使いたいと思いましたよ。

旅行日

2017年10月

シンガポール航空創立70周年記念スペシャルセールを実施中

シンガポール航空が創立70周年記念スペシャルフェアを実施中です。

今回は、第6弾となっており、東南アジア13都市へお得な料金で旅行することができます。 
販売期限:2017年11月27日まで

目的地

タイ:バンコク、サムイ島、クラビ(TR)、ハートヤイ(TR)
マレーシア:コタキナバル、ランカウイ、イポー(TR)
インドネシア:ジャカルタ、ジョグジャカルタ
カンボジア:シェムリアップ
ベトナム:ダナン
ラオス:ルアンパバーン、ビエンチャン

販売期限

2017年11月9日~2017年11月27日

旅行期間

2017年11月9日~2018年3月31日
(出発地により異なる)

おわりに

東南アジアへ旅行を検討している方は、確認してみてください。

関連リンク

第6弾 お得な東南アジアへ 13都市  | シンガポール航空

バニラエアが機内持ち込み手荷物が7kgまでに変更

LCC(格安航空会社)のバニラエアが、2017/10/29(日)搭乗分から、機内持ち込みの基準が変更になりました。
空港での機内持ち込み手荷物の確認が強化されるので注意しましょう。
今までは10kgまででしたが、7kgまでとなります。

機内持ち込み手荷物には、サイズと重量が確認済みであることを示すタグの添付が必須となります。

機内持込みが可能な手荷物のサイズ・個数・重さについて
サイズ 各辺が55cmX40cmX25cm以内かつ、三辺の合計が115cm以内
  注意①:ハンドル・車輪・鍵などの付属品も含みます。
  注意②:1辺でも規定サイズを超えた物は持込みできません。
個数 手荷物1個 + 身の回り品(ハンドバック・PCバックなど)1個
=2個まで
重さ 2個の合計が7kgまで

一般的には、機内持ち込み手荷物の重さチェックなどは厳格ではないことが多いので、その感覚でバニラ搭乗するとトラブルになりそうです。基準に気を付けて楽しい旅にしましょう。

詳しくは、公式サイトでご確認ください。

ハワイアン航空が新千歳‐ホノルル就航5周年セールを実施

ハワイアン航空が新千歳‐ホノルル就航5周年セールを実施中です。

セール価格

特別運賃50,000円(燃油サーチャージおよび諸税を含み63,000円)から

セール期間

購入できるのは期間限定、2017年10月27日~31日

搭乗期間

新千歳発は2018年4月1日~6月30日の間の水・金・日、ホノルル発は火・木・土。
滞在期間は新千歳ご出発日を含めた最大7日間(運賃適用除外日:2018年4月26日~5月4日)

関連リンク

新千歳ーホノルル線 おかげさまで就航5周年!

神々しい宮城県の金華山

宮城県牡鹿半島から出る船に乗って金華山に行きます。その金華山に三年連続で行くと、お金に不自由しないとのことで、続けて通っています。

牡鹿半島にもシカがいますが、船に乗って金華山に行き降り立つと、鹿がたくさんいてとっても雰囲気がいいです。

鹿の存在も神々しい感じがありますが、島全体が金華山のパワーに満ち溢れていて、生えている木々も何ともパワーみなぎっている感じです。

芝生のところもあるのですが、芝生の先が断崖絶壁となっている様子とか、何とも言えない不思議な感じでもありまます。

牡鹿半島から、船に乗るわけですが、その船旅は15分程度なんですが、その乗っている間、カモメがずっとついてきます。何か食べ物をくれるのではないかって待っているようです。

それも楽しみとなります。

三陸海岸ですので、食べ物もとってもおいしいです。海鮮が新鮮で、質がいい。ぜひ食べてほしいと思います。

特に牡蠣は大きさも大きいし、おいしさもこれまで食べたことがないおいしさがありました。