【搭乗レポート】東京シャトル : 東京駅から成田空港まで格安900円!LCCと一緒に使いたい高速バス!

Pocket

東京シャトルは、東京・銀座↔成田空港を結ぶ高速バスで、運賃900円(事前予約時)で行くことが可能!

京成高速バス 東京駅~成田空港900円 東京シャトル

LCCで安い航空券を手に入れても、都内から成田空港の運賃が高かったら残念ですよね。そんなときの選択肢としておすすめ!

あまりに安いので不安を感じる方もいると思いますが、運営は千葉方面ではかなり有名は「京成グループ」。安心感があります。

競合の路線バスとしては、「THEアクセス成田」があります。これもおすすめです。
別記事で、搭乗レポートも書きました。

【搭乗レポート】格安高速バス 「THEアクセス成田」1000円に乗ってみた

バス亭

東京駅八重洲口 京成バス3番乗り場(八重洲北口から約200m)

東京シャトル 東京駅八重洲口

東京駅の山手線のホームからは、5分〜10分くらいみておきます。

予約がある人から搭乗します。係員に名前を言えばOKです。

トランクルームに、大きな荷物を預けることもできます。
予約表には、座席番号が書いてありますが、自由席です。

万が一乗れないリスクを考えると、行きだけは、事前予約しておくことをおすすめします。

※乗車日の1ヶ月前9:00〜2日前17:00まで。前日は予約できないので注意。

今回は搭乗率60%くらいでした。(5:20発)

車内

観光バスでよく見かける4列シートです。

東京シャトル 車内2

東京シャトル 車内1

座席はやや堅め、座席間隔もやや狭い印象ですが、格安運賃なので、許せる範囲です。

東京シャトル 座席間隔

車内にトレイは無く、途中休憩はないので注意しましょう。

コンセント

概ね席毎にコンセントが設置されています。
携帯電話の充電に便利ですね。

東京シャトル コンセント1

東京シャトル コンセント2

その他注意点

成田空港に入り口で、身分証チェックがあります。
免許証やパスポートなどをすぐに取り出せるようにしておきましょう。

初めて乗車したとき、焦りました。
バスの中に係員が乗り込んで1人1人IDをチェックするのです。
身分証を忘れると、どうなるか不明ですが、対応に時間掛かりそうなので、忘れないように。

おわりに

都内から成田空港へ安く行きたい方は、ぜひ使って見てください!

旅行日

2015年1月上旬の土曜日

関連リンク

京成バス(株)東京駅~成田空港

Pocket

SNSでもご購読できます。